アルファ値を持つテクスチャをマッピングレイヤに割り当てる (アルファ透明)

png/tiff/targa画像のように、RGBに加えてA(Alpha:アルファ)要素を持つテクスチャ画像を
表面材質マッピングレイヤに割り当てることで、
アルファ要素を不透明度として使用することができます。
これにより、1枚の面に葉のテクスチャを割り当てる表現を行えます。

ツールボックスの「作成」-「その他」-「イメージ」より、RGBA要素を持つ画像を読み込みます。
ブラウザで表面材質を割り当てる形状を選択し、統合パレットの「表面材質」ウィンドウの「マッピング」で「イメージ」-「拡散反射」を指定。
マッピングのプレビューの「イメージ編集」の下の「アルファ乗算済み」ポップアップメニューを「アルファ透明」に変更します。

レンダリングを行うと、アルファ値が0の部分が透過になります。
テクスチャ画像は、背景(透明)となる部分がアルファ0.0、不透明の部分がアルファ1.0となっています。

表面材質ウィンドウの「マッピング」で「アルファ乗算済み」ポップアップメニューを「グレイスケール(A)」とすると、
アルファ値がどのようにマッピングされているか確認できます。

Translate »