カメラのパラメータをアニメーションレンダリングで反映させる

オブジェクトカメラのパラメータ(焦点距離、あおり補正など)は、アニメーションのキーフレームに対応しています。

視点と注視点

視点と注視点は、オブジェクトカメラをブラウザで選択したときの形状情報に数値指定されています。
この視点と注視点を変更し、モーションウィンドウでキーフレーム登録することで軌跡が曲線で表示されます。

これにより、オブジェクトカメラ単体で視点と注視点をアニメーションさせることができます。
また、形状編集モードでこの視点と注視点の軌跡を編集できます。

カメラパラメータ

統合パレットのカメラウィンドウで、各種カメラのパラメータを指定できます。
ここで値を指定後にモーションウィンドウでキーフレーム登録すると、
カメラパラメータをアニメーションさせることができます。

焦点距離、「表示」の「スケール」、「詳細設定」のパラメータがキーフレーム割り当てに対応しています。

Translate »