カメラの焦点距離とは ?

カメラの焦点距離は、統合パレットのカメラウィンドウ「焦点距離」で変更できます。
初期状態では50(mm)となっています。

「焦点距離」とは、レンズの中心から焦点(イメージセンサー、撮像素子)までの距離をあらわします。
「広角」(35mm以下)の場合は焦点距離を短くします。この場合は、映る範囲が広くなります。
標準の焦点距離は50mmになります。
「望遠」(135mm~300mm前後)の場合は焦点距離を長くします。この場合は、映る範囲が狭くなります。また、被写体が大きく映ります。

焦点距離 35mmでレンダリング。

焦点距離 50mmでレンダリング。

焦点距離 135mmでレンダリング。

Translate »