サウンドをアニメーションのタイムラインに入れる

サウンドファイルとしてwav/aif/aiff/auのファイルをシーンに配置することができます。
シーン上の配置位置により、3Dサウンドとしてアニメーションレンダリング時に反映されます。
また、サウンドファイルだけを出力することもできます。

サウンドファイルは、ビットレートが16bitである必要があります。
また、圧縮された形式はサポートしていません。

サウンドファイルを読み込み

ツールボックスの「作成」-「その他」-「サウンド」を選択し、図形ウィンドウをクリックします。

この後、ファイルダイアログボックスが表示されますので、wav/aif/aiff/auのファイルを指定します。
これで、図形ウィンドウのクリックした位置にサウンドが配置されます。

ブラウザ上では、「サウンド [ファイル名]」として配置されています。
形状情報ウィンドウでは、「サウンド属性」が表示されます。

「3Dサウンド」チェックボックスをオンにすることで、カメラとの位置関係によりサウンドの聞こえ方が変化します。

読み込まれたサウンドファイルは、再生時に外部参照されます。
シーンのshdファイル内には含まれません。
そのため、元のファイルを削除した場合は再生できなくなります。

サウンドをタイムラインで編集

読み込まれた直後は、モーションウィンドウ上の0フレーム目から再生されるように設定されています。

あらかじめ0フレーム目にはキーフレームが与えらえており、
これを選択して移動することで、サウンドの再生タイミングを調整できます。

グラフの縦方向は音量になります。

アニメーションレンダリング時の3Dサウンドの反映

モーションウィンドウの設定より、「3Dサウンド」チェックボックスをオンにします。

これにより、シーン上のサウンドとカメラの位置で立体的な3Dサウンドとして出力されます。
また、モーションウィンドウでのプレビュー再生時でも3Dサウンドとして出力されます。
「3Dサウンド」がオフの場合は、プレビュー時/レンダリング時にサウンドのカメラとの位置関係による音量は変化しません。

オーディオトラックは 44,100Hz/16bit/Stereo で出力されます。

Translate »