シェーディングのみの表示/テクスチャ表示、を切り替える

図形ウィンドウ上の透視図では、「テクスチャ+ワイヤーフレーム」の場合は
表面材質に割り当てられているテクスチャとワイヤーフレームの表示が反映されます。
テクスチャを反映させない場合は、「シェーディング」もしくは「シェーディング+ワイヤーフレーム」を選択するようにします。

下画像は、左が「テクスチャ」、右が「シェーディング」の表示になります。
shade3d_modeling_view_shading_tex
モデリングの造形の仕上がりを確認する際は、テクスチャを表示させない「シェーディング」の表示が便利です。

この切り替えは、透視図のビューコントロールバーのポップアップメニューより行います。
shade3d_modeling_view_shading_tex_01

Translate »