シーンにある複数のオブジェクトカメラから、透視図で表示するカメラを選ぶ

オブジェクトカメラとしてシーンに複数カメラが存在する場合、透視図では1つのカメラのビューで表示されます。
このカメラの選択は統合パレットの「カメラ」ウィンドウで行います。

カメラウィンドウでのカメラのポップアップメニューで、シーン内にあるオブジェクトカメラが一覧されています。
ここから透視図で表示するカメラを選択すると、透視図の表示が指定のカメラのものに切り替わります。

ブラウザで選択されているカメラがあれば、
ポップアップメニューのオブジェクトカメラ名の末尾に「*」が表示されます。

また、透視図のビューコントロールバーからも表示するカメラを選択できます。

ここでメタカメラやオブジェクトカメラを選択した場合は、その時のカメラ指定が優先されます。
この際、カメラウィンドウでカメラ選択を行っても透視図のビューは切り替わりません。
透視図のビューコントロールバーで「透視図 : カメラ名」を選択すると、
カメラウィンドウの選択が反映されるようになります。

Translate »