スキンとして割り当てるウエイト値とジョイントの関係

ポリゴンメッシュの各頂点に複数ジョイントを関連付けることにより、
ジョイントの動きに合わせてポリゴンメッシュを変形します。

下画像は、円柱のポリゴンメッシュに対して
ボーンをboneA-boneB-boneCと階層構造にして割り当てています。

この場合は、boneAの移動/回転とboneBの移動/回転の影響を受ける頂点が存在しています。
boneAからboneBのノード間の頂点は、ほぼboneAだけの影響を受けています。
boneBのノード付近は、boneAの影響とboneBの両方の影響を受けています。
boneBからboneCのノード間の頂点は、ほぼboneBだけの影響を受けています。

この時の影響を実数で表現し、各頂点ごとに影響を受けるジョイントの「ウエイト値」が与えられます。
各頂点ごとのウエイト値の合計は1.0になるように補正されます。

この頂点ごとのウエイト値一覧は、スキンウィンドウのテーブルで確認することができます。

Translate »