テクスチャの投影マッピング

表面材質の「マッピング」の「投影」で「ラップ」を選択している場合、
「イメージ」をマッピングしているときはUVマッピングが行われます。
「ラップ」以外に「X」「Y」「Z」「円筒」「球」「ボックス」の投影の種類を選択できます。

UVマッピング(ラップ)以外の投影方法は形状のUV情報は参照しないため、UV値を指定する必要はありません。
ただし、fbxやobjファイルとして形状をエクスポートしてもマッピングの投影情報を渡すことはできません
(「投影」でのマッピングは、3D形状の汎用的なフォーマットとして互換性がありません)。

X/Y/Z

X/Y/Z軸方向に対して平行投影でテクスチャをマッピングします。
マッピングモードでテクスチャのマッピングの向きや位置を調整できます。

円筒

形状を円筒状に囲むようにテクスチャをマッピングします。
マッピングモードでテクスチャのマッピングの向きや位置を調整できます。

形状を球状に囲むようにテクスチャをマッピングします。
マッピングモードでテクスチャのマッピングの向きや位置を調整できます。

ボックス

形状を6面のボックスで囲むようにテクスチャをマッピングします。
マッピングモードでテクスチャのマッピングの向きや位置を調整できます。

Translate »