パララックスバンプマップとは ?

表面材質のマッピングで「バンプ」を指定し、「高さ」を指定することでよりリアルな凸凹を表現できます。
これは視差を利用した「パララックスバンプマップ」と呼ばれます。
下画像は、左から 拡散反射/法線マップ/バンプマップに割り当てるテクスチャ画像です。

このテクスチャを、円柱形状に表面材質のマッピングレイヤとして指定します。

表面材質ウィンドウのマッピングで「バンプ」の「高さ」を指定します。

下画像は左から、「バンプ」の「高さ」を0/80と変化させています。

高さを指定している場合は、煉瓦の垂直方向が斜めに向いている箇所が出ています。
タイリングの規則性を乱して、より現実味を出す効果としても有効です。

Translate »