ファイルから読み込んだ画像を取得 (スクリプト)

指定のファイルから読み込んだ画像を取得します。
拡張子がshdのファイル(Shade3Dのシーンファイル)の場合はレンダリングイメージ、
jpegやpng画像の場合は画像そのもの、
拡張子がshdsfcのファイル(Shade3Dの表面材質ファイル)の場合はサムネイル画像を取得できます。
これを使用することで、Shade Explorerのようなファイル一覧でサムネイルを列挙することができるようになります。


scene = xshade.scene()

# ファイルからimageとして取得.
img = xshade.create_image_from_file("C:\\User\\xxx\\images\\xxx.png")

# イメージが存在する場合は、幅と高さが8ピクセル以上.
if img.has_image and img.size[0] > 8:
  # イメージをマスターイメージとしてシーンに配置.
  scene.begin_creating()
  masterImg = scene.create_master_image('image')
  masterImg.image = img
  scene.end_creating()
Translate »