フローティングウィンドウがスクリーンの外に出てしまい、表示できない

イメージウィンドウや色補正ウィンドウなどのフローティングウィンドウを、スクリーンの外に移動してしまった場合、
メインメニューから表示/非表示を切り替えてもウィンドウが選択できない状態になります。
この場合は、メインメニューの「ウィンドウ」-「選択ワークスペースを初期状態に復元
(ver.17以降は「選択中のプリセットレイアウトをリセット」)を選択すると、
ウィンドウの位置と表示/非表示状態は元の状態に復元されます。
これにより、スクリーン外のウィンドウも元の位置に復帰します。

カスタムワークスペース(カスタムウィンドウレイアウト)を選択している場合は、
一度プリセットのワークスペース(ウィンドウレイアウト)に切り替えてから
選択ワークスペースを初期状態に復元」(ver.17以降は「選択中のプリセットレイアウトをリセット」)を行うようにします。

Translate »