ボーンのモーションを割り当てる

ボーンを配置した後、モーションウィンドウで動きを与えます。
ボーン含むジョイントのモーション情報は、「ジョイントモード」にして操作します。
ボーンでは、移動(オフセット)と回転をキーフレームに割り当てることができます。

メインメニューの「表示」-「モーション」を選択し、モーションウィンドウを表示します。
モーション付けを行うため、左上の「シーケンス」チェックボックスをオンにします。

図形ウィンドウで移動または回転を行いたいボーンをクリックして選択し、
マニピュレータで移動/回転させます。
ジョイントモードになっているため、ここでの移動と回転はモーションとしての
「オフセット」「回転」値が変更されます。

モーションウィンドウの「+」ボタンを押してキーフレーム登録します。

モーションウィンドウでシーケンス位置を移動し、同じように図形ウィンドウでボーンの移動と回転を変更。
キーフレームを登録していきます。

「+」ボタンでのキーフレーム登録は、選択されているジョイントとその子となるジョイントが登録対象になります。

モーションウィンドウの再生ボタンを押すと、図形ウィンドウ上で動きを確認することができます。

Translate »