ボーン情報/アニメーション情報をエクスポートする場合の注意点

モーション情報のエクスポートは、Shade3D標準のshd形式で保存するか、fbxを使用します。
他の3DCGツールにモーション情報を渡す場合はfbxでエクスポートします。
ボーンを使ったモーション情報をfbxでエキスポートする場合、以下に注意するようにします。

変換行列の回転要素を入れない

ボーンを生成、配置する場合は「自動で軸合わせ」をオフにして、ボーンの持つ変換行列に
回転要素が入らないようにします。
これは、他の3DCGツールに渡した場合のボーンの扱いの違いを吸収するために必要な制限になります。

変換行列でマイナススケールを入れない

ボーンの変換要素の「スケール」にマイナス値が入らないようにします。

変換行列で「せん断」を入れない

fbxでは、ボーンや形状ごとの変換行列要素として「スケール」「回転」「拡大縮小」の要素を持つことができます。
「せん断」は持つことができません。

Translate »