ポリゴンメッシュの「限界角度」を指定してもfbxインポート時に反映されない

fbxエクスポートでポリゴンメッシュの「限界角度」を指定しても、この情報はfbxファイルには保存されません。
fbx構造に「限界角度」を保存するパラメータがないためです。
この「限界角度」はShade3D独自の情報となり、
他の3DCGツールに渡す場合はツール別に同様のパラメータを再設定する必要があります。
下画像は、球のポリゴンメッシュを左から限界角度 15/30/60としています。

この形状をfbxエクスポートし、fbxインポート時に「頂点法線を入力」チェックボックスをオフにして読み込みました。
読み込んだ結果は、「限界角度」は初期設定の30度になっています。

このポリゴンメッシュの限界角度の状態を再現する場合は、
fbxエクスポート時に「ジオメトリ」タブの「面の頂点法線を出力」チェックボックスをオンにし、
fbxインポート時には「頂点法線を入力」チェックボックスをオンにして読み込むようにします。
こうすると、下画像のように見た目はfbxエクスポート時と同じになります。

これは、面の頂点法線が固定で割り当てられる(ベイクされている)状態になります。
fbxインポート時のポリゴンメッシュの限界角度は、30のままとなります。

Translate »