マスターサーフェスとは?

形状に「表面材質」を割り当てることで表面の質感を指定できます。
この材質情報を複数の形状で共有したい場合は、「マスターサーフェス」が便利です。
「マスターサーフェス」とは、形状から分離させた表面材質情報です。
ブラウザ上では「マスターサーフェスパート」としてマスターサーフェスが一覧されます。
shade3d_mastersurface_00

  • マスターサーフェスを新規追加
    マスターサーフェスを新規に追加するには、ツールボックスの「作成」-「その他」で「マスターサーフェス」を指定します。
    名前入力ダイアログボックスが表示されるためマスターサーフェス名を決めて、OKボタンを押します。
    ブラウザでマスターサーフェスパートから新規追加したマスターサーフェスを選択し、
    統合パレットの表面材質ウィンドウでパラメータを調整できます。
  • 既存の表面材質をマスターサーフェスにする
    統合パレットの表面材質ウィンドウを表示し、プレビュー右の「登録」ボタンを押すことで、
    その表面材質をマスターサーフェスにすることができます。
    shade3d_mastersurface_01
  • 表面材質としてマスターサーフェスを割り当て
    統合パレットの表面材質ウィンドウを表示し、プレビュー右の「使用」ボタンを押すと、シーンに追加されたマスターサーフェスを選択できます。
    ここで選択したマスターサーフェスが表面材質として割り当てられます。
    shade3d_mastersurface_02
  • 表面材質のマスターサーフェス割り当てを解除
    マスターサーフェスが割り当てられた形状をブラウザで選択し、
    統合パレットの表面材質ウィンドウを表示してプレビュー右の「独立」ボタンを押すと、
    指定の形状は普通の表面材質となります。
    この場合、表面材質のパラメータを変更してもマスターサーフェスの材質情報は更新されません。
    独立した選択形状のみに割り当てられている表面材質となります。

マスターサーフェスの表面材質属性を変えると、
同一マスターサーフェスを共有する形状の材質がまとめて更新されます。

Translate »