マルチパス情報を指定してレンダリング


レンダリング時の影や反射、表面材質IDなどをレンダリング時にパスとして保存することができます。
マルチパスのレンダリング画像を保存することで、
レイヤー対応しているペイントツールで画像の加工に応用することができるようになります。

Basic版では、「透明度」「Z値」のみ使用することができます。

イメージウィンドウの左上の三角をクリックして設定を表示し、「マルチパス」タブを選択します。
「マルチパスを保持する」チェックボックスをオンにし、テーブルより出力するパスのチェックボックスをオンにします。

レンダリングを行うと、選択したパスの情報も格納されます。

イメージウィンドウ下の「チャンネル」ポップアップメニューでマルチパスの要素を指定すると、
イメージとしてその情報が表示されます。

Translate »