モーションの指定を行うと、いつの間にか動きが崩れてしまう

モーションの設定やポージングをしているときに動きが崩れてしまう場合は、以下を確認します。

オブジェクトモードでジョイント操作をしていないか

モーションのキーフレームを登録する際の操作は、「ジョイントモード」で行うようにします。
オブジェクトモードでは、モーション変形の土台となる
ジョイントの変換行列(移動/回転/拡大縮小)自身が変更されます。
オブジェクトモードで変更をしてしまうと、キーフレーム割り当てした動きは全体的に変化してしまうことになります。

ジョイントモードにし、複数の階層構造を持つジョイントの場合はルートを選択。
図形ウィンドウで回転させて、ずれを確認します。
下画像の場合は、左足のボーンがずれてしまってます。

オブジェクトモードで該当するジョイントを回転して元の位置に修正します。

ウエイトペイントで誤ったウエイト値を指定してしまった場合

ジョイントモードでジョイントを動かしている場合に、意図しないところが動いてしまう場合があります。
下画像は右腕を動かした際に、腹部分が引っ込んでしまう例です。

この場合は、ブラウザでスキンが割り当てられているポリゴンメッシュを選択し、
ツールボックスで「編集」-「共通」-「その他」-「ウエイトペイント」を選択します。
ツールパラメータのリストボックスでジョイント(ボーン)を選択していくと、
腕の動作で腹部分に影響が出ている指定があるため、
腹部分でウエイトペイントを行い、値を下げていきます。

これで、腕を動かしても関係ないところが動作しないように調整できます。

ボーンやボールジョイントの階層構造を作っている場合は、ウエイト値を変更した際に
前後や近辺の頂点のウエイト値にも変更が加わるため、周辺のウエイト値が適切になっているか、
ジョイントモードでジョイントを動かして不正な変形が起きていないか、をチェックするようにします。

Translate »