レンダリング時のエフェクタとは ?

レンダリング画像に対して、2次元的に色情報を書き足すまたは元画像を書き換える機能を「エフェクタ」と呼びます。
これはレンダリングが完了した後の画像に対して行われます。
これらをまとめて「ポストエフェクト」と呼んでいます。

下画像は、「パーティクルフィジックス」( )と「スター」のエフェクトを加えてレンダリングしたものになります。

エフェクトをかける前は、円状のチェック模様の地面と円柱2つしか存在しないレンダリング画像になります。
エフェクタ処理では、色の「RGBA」と「Z値」、各種マルチパス情報を参照してレンダリング画像を加工します。

それぞれのグレードで使用できるエフェクタは以下のようになります。
Basic版では「BlurEffector」「スター」のみ使用できます。

エフェクタ名 機能説明 Basic Standard Professional
スター 背景に星を描画します O O O
BlurEffector アニメーションレンダリング時に動きがある場合に、ブラー効果を与えます O O O
ノイズを加える レンダリング画像全体にノイズを加えます X O O
アルファチャンネル検出 レンダリング画像のアルファ値を表示します X O O
Z値検出 レンダリング画像のZ値を表示します X O O
階調の反転 レンダリング画像の色を反転します X O O
レンダリング情報焼き込み レンダリング情報をレンダリング画像の左下に表示します X O O
タイムコード焼き込み アニメーション時のフレーム番号などをレンダリング画像の左下に表示します X O O
グローエフェクタ レンズフレア効果をレンダリング画像に与えます X 機能制限あり(ver.16まで)
O (ver.17以降)
O
パーティクルフィジックス 煙や炎などのパーティクルを描画します X O O
FogPlus 霧効果を表現します X X (ver.16まで)
O (ver.17以降)
O
DepthPlus 被写界深度(DOF)効果を表現します X X (ver.16まで)
O (ver.17以降)
O

 

エフェクタを指定する

エフェクタの指定は、イメージウィンドウの「効果」タブの「エフェクタ」で行います。

複数のエフェクタを重ねていくことができます。

Translate »