作業平面をスクリーンにしてモデリング

主に透視図を使ってモデリングを進めていく場合は、作業平面を「スクリーン」にすると便利です。
コントロールバーの「作業平面の選択」より「スクリーン」を選択する、
または、透視図の左下の座標軸が表示されている箇所の中央の黄色の部分を選択すると、作業平面が「スクリーン」となります。


また、カメラウィンドウで「始点&注視点」にすると、
透視図で[Space]キーを押しながらドラッグでスクロール、[Shift] + [Space]を押しながらドラッグで回転、となるため便利です。

作業平面をスクリーンにすると、ポリゴンメッシュの面を追加する場合に既存の頂点から奥行き方向が採用されたり、
押し出しでスクリーンに平行に押し出して面を生成できたりと直感的に編集できるようになります。

Translate »