形状にイメージをステッカーマッピング (レンダリングブーリアン)

レンダリングブーリアンの「=」の機能を使うことで、形状に対して特定の方向からイメージをステッカーのように貼り付けることができます。
「=」は、他の形状と重なる部分に=形状の表面材質を適用する表現を行います。

パートを生成し、子形状としてステッカーを貼り付ける球を配置。
パートに対して、球に割り当てる表面材質を指定しています。

球と同じ階層に「閉じた線形状の掃引体」を配置します。
掃引方向にマッピングされるものとします。
形状名の先頭に「=」をつけて、レンダリングブーリアンの「=」機能が有効になるようにします。

「=閉じた線形状の掃引体」形状は、球と重なるように配置します。
この重なった部分でステッカーマッピングを反映することになります。
「=閉じた線形状の掃引体」をブラウザで選択し、統合パレットの「表面材質」ウィンドウの
マッピングとして「イメージ」-「拡散反射」を追加し、イメージを割り当てます。
ここでは、背景が白地にShade3Dというテキストを青で出すようにしています。

表面材質の「その他」ボタンを押し、「その他の表面材質属性」ダイアログボックスで
「ホワイトキーマスク」チェックボックスをオンにします。
これは、白色の部分をマスクする指定になります。

レンダリングすると、球の表面に「Shade3D」の青色のテキストが表示されました。

Translate »