形状を拡大縮小する

形状を拡大縮小する手段としては、マニピュレータを使用する方法と、ツールボックスの拡大縮小/均等拡大縮小/数値入力を使用する方法があります。

マニピュレータを使用時は、コントロールバーの「マニピュレータタイプの切り替え」で「統合」を選択した状態で、
四角の部分をドラッグするとXYZ軸のそれぞれの方向に拡大縮小できます。

ツールボックスの「作成」-「移動/複製」-「移動」で「拡大縮小」を選択し、
図形ウィンドウで拡大縮小の中心をマウスクリックで選択。
図形ウィンドウ上でドラッグすると、ドラッグ方向に平面上で拡大縮小できます。

ツールボックスの「作成」-「移動/複製」-「移動」で「均等拡大縮小」を選択し、
図形ウィンドウで拡大縮小の中心をマウスクリックで選択。
図形ウィンドウ上でドラッグすると、指定の中心位置からXYZ軸方向に関係なく均等に拡大縮小できます。

XZ軸方向に均等に拡大縮小したい場合などは、マニピュレータや「拡大縮小」「均等拡大縮小」では対応できません。この場合は数値指定します。
ツールボックスの「作成」-「移動/複製」-「移動」で「数値入力」を選択し、
図形ウィンドウで拡大縮小の中心をマウスクリックで選択。
トランスフォーメーションダイアログボックスの拡大縮小に軸別の拡大率を入れ、OKボタンを押します。
これで指定軸ごとに、数値指定で拡大縮小を行うことができます。

拡大縮小でマニピュレータを使用しない場合は、3次元カーソル情報も参照されます。
拡大縮小の中心がずれる場合は、3次元カーソル位置もチェックするようにします。

Translate »