現実に沿った光沢を表現する

フォトリアルなレンダリングを行う場合、表面材質の「光沢」は厳密には偽の表現になります。
表面材質や光源の光沢は0にし、表面材質の「反射」「荒さ」「フレネル」で映り込みを表現します。

また、面光源使用時は、「可視」チェックボックスがオフの場合は反射形状に光源は映り込みませんので、
面光源の「可視」チェックボックスをオンにします。

この場合は「荒さ」を使用するため、イメージウィンドウでの「手法」は「パストレーシング」でレンダリングします。

Translate »