背景を指定する

背景はパノラマ画像をHDRIとして指定する方法、
空と地面の色を単色で指定する方法、フィジカルスカイを使用する方法、があります。

プリセットの背景を読み込み

パノラマ画像として背景を指定する一番簡単な方法は、ShadeExplorerでプリセットの画像を読み込む方法です。
背景画像を読み込んだ場合は、ブラウザのイメージパートにパノラマ画像も列挙されます。

hdr/exrの背景を読み込み

フリー素材や独自で撮影したパノラマ画像を読み込む場合は、
以下の手順で背景に指定します。
ツールボックスの「作成」-「その他」-「イメージ」で、背景のパノラマとなるhdrまたはexr形式の画像を読み込みます。

統合パレットの「背景」ウィンドウで背景レイヤとして「イメージ」を指定します。
「イメージ編集」ポップアップメニューの「イメージ」から読み込まれた背景画像を指定します。
「投影」で「球」を指定すると、2対1のサイズのパノラマ画像がシーンの背景に使用されます。

単色の背景を指定

背景ウィンドウで「上半球基本色」「下半球基本色」を指定することで、空と地面の色を単色で指定します。
背景レイヤとして「霧」を指定し、「カラー」を霧の白に近い色で指定。
濃度のスライダを調整することで、空と地面の境界部分に霧がかかったような効果を与えます。

フィジカルスカイを指定

統合パレットの無限遠光源ウィンドウで、「フィジカルスカイ」の「有効 (背景に描画)」チェックボックスをオンにすると、
背景ウィンドウの「上半球基本色」がフィジカルスカイでの空のグラデーションになります。
「下半球基本色」の地面の色は別途で指定を変更できます。

Translate »