透視図で「アナグリフ」の立体視を行う

透視図の表示で、立体視の選択を切り替えることができます。
「アナグリフ」とは、左右で赤青が割り当てられたメガネで見ると、立体的に見える映像技術です。
コントロールバーの「立体視」から「アナグリフ」を選択すると表示が切り替わります。
メインメニューの「図形」-「立体視」-「アナグリフ」を選択しても同様に、アナグリフ表示に切り替わります。

コントロールバーの「立体視」から「無し」を選択すると、元の表示に戻ります。

この立体視の指定は図形ウィンドウの表示のみです。
立体視画像のレンダリングは、統合パレットの「カメラ」ウィンドウで指定します。

Translate »