透視図の平行投影/透視投影の切り替え

透視図はデフォルトでは「透視投影」になっています。
透視投影は、視点から見て奥に行くほど小さく表示される一般的な3D表示を行います。
ミラーリングの頂点座標を中心にそろえる場合や、建物の壁の位置を揃える場合など、
一時的に奥行きのリサイズが入らない「平行投影」にしたほうが都合がいい場合があります。
また、作図を俯瞰で表現したい場合は、平行投影のほうが寸法が分かりやすくなります。

ビューコントロールバーの「平行投影に切り替える」ボタンを押すと、「平行投影」の表示に切り替わります。
再びボタンを押すと「透視投影」に戻ります。

統合パレットの「カメラ」ウィンドウで「平行投影」チェックボックスをオンにすると、
同じように平行投影になります。

Translate »