ブラウザでの記号

ブラウザの形状名の後に記号を付けることで、
主にブーリアンを考慮したレンダリングで形状ごとの重なりを調整します。
ブラウザの「ブーリアン」を選択すると一覧されます。

これ以外もいくつか記号を指定できますので、それぞれの役割を記載します。

ブーリアンで使用する記号

記号 説明
* 差 : 他形状と重なる部分を削り取り、”*”形状の表面材質を適用。*形状自体はレンダリングされない。
他形状と重なる部分に穴をあける。”-“形状自体はレンダリングされない
= 他形状と重なる部分に”=”形状の表面材質を適用。”=”形状自体はレンダリングされない
\ 論理和 : 他形状と”¥”形状が重なった部分はレンダリングされない
$ 論理積 : 他形状と”$”形状が重なった部分のみレンダリングされる
& “=”記号と同じ効果。同一階層内の形状に対してのみ影響を与える
+ “*” “-” “\” “$” の影響を受けない
! “*” “-” “=” “\” “$” の影響を受けない
^ “=” の影響を受けない。”*” “-” “\” “$” の影響は受ける

面の分割

線形状や自由曲面の分割レベルを調整します。
それぞれ2段階まで指定できます。

記号 説明
< 分割レベルを上げる
> 分割レベルを下げる

その他の記号

記号 説明
# レンダリングに反映しない
~ ロック記号。「~」記号をつけると図面での選択対象から除外され、ブラウザでのみ選択することができるようになります。
% IKロック記号。「%」つけたジョイントはIKモードでの操作の対象外となります。
Translate »