非可逆圧縮とは ?

PNG形式の画像をJPEG形式として変換して保存した場合、圧縮により画像の品質は劣化します。
この場合、JPEG画像から元のPNG形式の画像の品質まで戻すことはできません。
このように、一方通行に劣化を伴う圧縮が行われることを「非可逆圧縮」もしくは「不可逆圧縮」と呼びます。
PNG形式のテクスチャをJPEG形式として保存した場合、拡大すると以下のようにピクセルのムラが見えます。

写真のような画像はJPEG形式が向いておりムラは目立たないです。
一方、模様やイラストなどは圧縮によるムラが目立つことになります。
イメージを扱う際に、どの場合にどのフォーマットがよいか
ということについては「イメージ(画像)のファイルフォーマットはどれを選択する ?」をご参照くださいませ。

Translate »