面光源を使用時に光沢を出したい

面光源を配置した直後は、面光源で照らされた面の光沢は反映されません。

これは、面光源をブラウザで選択したときの統合パレットの形状情報ウィンドウで、
「光源属性」の「光沢」が0のために起きます。
この光沢の値を大きくすると、面光源でも光沢が反映されるようになります。

なお、フォトリアルな処理を行う場合は「光沢」は、厳密には偽表現になります。
面光源は「可視」チェックボックスをオンにして「光沢」はゼロにし、
光沢のような映り込みは「反射」「荒さ」「フレネル」で調整するほうが現実に沿っています。

Translate »