FBXファイルフォーマットのバージョン

FBXファイルとしてシーンや形状をエクスポートするオプションとして、
「フォーマット」に「バージョン」があります。

Shade3DでのFBXのインポート/エクスポート機能は、Autodesk社のFBX SDKを使用してfbxファイルを読み込み/書き込みしています。
このFBX SDKでサポートされているバージョンにより、扱うFBXファイル内容が若干異なります。

FBXファイル内のバージョンよりも古いFBX SDKで読み込みを行った場合、
FBXファイルの読み込みに失敗します。

Shade3D ver.17/18ではFBX SDK 2015を使用しており、
エクスポート時にサポートしているFBXフォーマットバージョンは、FBX 2006 ~ FBX 2013となります。
ただ、古いバージョンで出力するとフォーマットで未サポートの機能は出力されません。
Shade3D上では、FBX 2012か2013を使うことがほとんどになります。

Translate »