glTFファイルを確認

glTFファイル(拡張子gltfまたはglb)を確認するには、Shade3DにインポートするほかにWebブラウザ上の「glTF Viewer」( https://gltf-viewer.donmccurdy.com/ )で確認するのが確実です。
これは、WebGLフレームワークである three.js ( https://threejs.org/ ) の機能を使って実装されているオープンソースのWebアプリです。
WebブラウザでWebGLが使える場合、どの環境でも動作します。
three.jsはglTFの仕様に忠実に従っており、正しくglTFファイルが作成されているか、PBRマテリアルの表現が適切か、などの確認でよく使われます。

glTF ViewerでのglTFファイルの確認方法

https://gltf-viewer.donmccurdy.com/ をWebブラウザで開きます。
Windows環境の場合はエクスプローラー、Mac環境の場合はファインダーからglbまたはglTFファイルをドラッグします。

glbファイルの場合は、拡張子glbのファイルを1つドラッグ&ドロップ。
gltfファイルの場合は、拡張子gltfのファイルと関連するbinファイル、関連画像(jpeg/png)をまとめてドラッグ&ドロップします。
以下のようにglTFファイルが表示されました。

このウィンドウの左下の黒い部分をクリックすると、glTFファイルの情報が表示されます。
もしエラーがある場合はここに列挙されます。

「Info」の表示の場合はエラーではなく、まだ最適化できそうという情報が表示されます。
glTFはWeb向けのため、よりコンパクトにすることが大事です。
「Error」の表示がある場合は正しく出力できていないパラメータがあります。
「Warning」の表示がある場合は警告です。Errorほど強くはないですが、直しておいたほうがよさそうな箇所となります。

Translate »