Google SketchUp形式入力機能が利用できません

対象:Shade 13、Shade3D ver.14

Google SketchUp入力機能は32ビットモードのみの機能となります。
64ビットモードではご利用いただくことが出来ませんので、32ビットモードでShadeを起動してください。
なお、起動しているShadeが32bit版か64bit版かは、タイトルバーの表記で確認することができます。

<Mac版でShadeを32ビットモードで起動する方法>
Finder上の[アプリケーション]フォルダ内に存在するShade 13.appを選択する
Finderの[ファイル]メニューの[情報を見る]を選択する
[一般情報]の[32ビットモードで開く]チェックボックスがオフの場合には64ビットモードでShadeが起動します。
32ビットモードとして起動したい場合には、同様にチェックボックスをオンにする設定を行ってください。

<Windows版でShadeを32ビットモードで起動する方法>
Shade 13をインストールする際に、32ビットモードを選択する。
インストール完了後、32ビットモードのShade 13を起動する。
※既に64ビットモードでユーザー登録済みの場合にもユーザー登録確認ウインドウが表示されます。
[Google SketchUp形式入力機能]以外にも、以下の機能につきましては各OSの動作環境で制限があります。
QuickTime(VRを含む)出力
Google SketchUp 入力
ベベル
テキストエフェクタ
プラグインマネージャ
ブーリアンモデリング
マジカルスケッチ

【注意】
Shade3D ver.16以降(ver.17含む)の製品では、64bit環境へ対応したSketchUp入力機能を提供しています。
そのため、該当製品をお持ちのお客様は、上記設定を行う必要はございません。

Translate »