NURBSの形状データを他ツールに渡す

ver.18

NURBSで作成したモデルを他ツールに渡す場合、STEP/IGES形式でエクスポートします。
STEP形式のエクスポート機能は、Shade3D Professional ver.17.1で追加されました。
IGES形式のエクスポート機能は、Shade3D Professional ver.18で追加されました。

以下のNURBSでモデリングされた形状をエクスポートします。

STEP/IGES形式のエクスポート

STEP形式でエクスポートする場合は、メインメニューの「エクスポート」「STEP」を選択します。
IGES形式でエクスポートする場合は、メインメニューの「エクスポート」「IGES」を選択します。
どちらの形式でも、同じダイアログボックスが表示されます。

エクスポートダイアログボックスで、「単位」「スケール」「上方向の軸」を指定し、OKボタンを押します。
Shade3Dの初期設定のモデリングでは「上方向の軸」は「Y軸」を使用しています。
CADツールではZ軸を上方向としているものも多いため、「上方向の軸」は出力先のツールに合わせて変更するようにします。
次に、ファイルダイアログボックスが表示されるので、ファイル名を指定してファイル出力します。

なお、Shade3D Professional ver.18では、円や球、自由曲面が存在する場合はNURBSに変換されて出力されます。
ポリゴンメッシュ形状は出力されません。

表面材質は、拡散反射色が反映されます。
光沢/反射/透過などそれ以外の表面材質設定、マッピングのテクスチャイメージは反映されません。

Translate »