NURBSカーブに厚みを付けてNURBSサーフェスにする


NURBSカーブに厚みを付けてNURBSサーフェスに変換する手順を説明します。
2つの処理を組み合わせることでこの変換を行うことができます。

この表現は以下の機能を使用しました。

  • カーブをオフセット
  • 面を張る

以下のようなNURBSカーブを用意しました。

カーブをオフセット

ブラウザで対象のNURBSカーブを選択し、
ツールボックスの「編集」で「カーブをオフセット」を選択します。

ツールパラメータの「基準面」で「XZ」を選択。
これは、どの平面上に厚みを付けるかで指定を変更するようにしてください。
「距離」で厚みを半分にした値を指定します。
上の画像の場合は、15mmの指定を行ったため、30mmの厚みとなります。
「方向」で「両側」を指定します。
「両端を閉じる」チェックボックスをオンにします。
これにより、NURBSカーブの両側に指定の距離だけ離したカーブを生成します。
「確定」ボタンを押して確定します。
1つのNURBSカーブが生成されました。

面を張る

ブラウザで閉じたNURBSカーブを選択し、ツールボックスの「編集」で「面を張る」を選択します。

これで、NURBSサーフェスとなりました。

NURBSカーブの両端を円弧で閉じたい場合は、「NURBSカーブをオフセットする際に、両端を円弧で閉じる」もご参照くださいませ。

Translate »