SketchUpで作成したskpデータをShade3Dへインポートすると「対応したバージョンよりも、新しいファイル形式である可能性があります。」と表示され開くことができません。

「Google Sketchup」の未対応のバージョンで保存されたデータの可能性がございます。

Shade3D ver.15以前のShade製品をご利用の場合は、Google Sketchup ver.5から8のバージョンで保存されたskp形式に対応しています.
Shade3D ver.16/17では、SketchUp 2016のバージョンで保存されたskp形式に対応しています。
Shade3D ver.18からVer.21では、SketchUp 2018のバージョンで保存されたskp形式に対応していますが、
SketchUp 2018以降のバージョンで保存されたskp形式には対応していません。

該当のメッセージが表示された場合は、「Google Sketchup」で、ご利用のShade3D製品に対応しているskp形式の
バージョンにて保存しなおして、改めてインポートを行ってください。
※「Google Sketchup」に関する操作に関する詳細は、開発、販売もとのサポート窓口までご連絡ください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
Translate »