どの出力ファイル形式がよく使用されるか、用途別に知りたい

Shade3Dではいくつかのシーンの形状データをエクスポートするフォーマットが用意されています。
出力用途別に、以下がよく使用されます。

フォーマット 表面材質 用途
shd 渡せる Shade3D同士の形状の受け渡し
obj 渡せる 静止した形状
obj/fbx 渡せる ゲームエンジンなどのリアルタイムツールへ渡す
fbx 渡せる アニメーション情報を渡す。
シーン階層構造を渡す。
カメラや光源情報を渡す。
表面材質の複数のマッピングレイヤ情報を保ったまま渡す。
dxf 渡せない CADの図面
stl 渡せない 3Dプリンタ。面はすべて三角形に分割される。

Shade3D同士で形状をやり取りする場合は、shdを使用するようにします。
shdはShade3D内のすべての情報が保持されています。
できるだけ多くの情報を渡したい場合はfbx形式を使用するようにします。
ただし、各形状フォーマット自身が持つことができる情報に違いがあるため、
Shade3Dの情報がすべて再現できるわけではありません。
obj/fbx/stl形式で出力する場合、自由曲面はポリゴンメッシュに変換されます。
また、受け取り側の3DCGツールによっては読み込めないパラメータも存在します。

Translate »