カメラの注視点を、特定の形状に向くようにする

透視図のカメラ操作で、カメラの視点と注視点は変化していきます。
この際に、カメラが常に特定の形状に向くようにすることができます。

注視点のターゲットとなる形状をシーンに配置し選択。
統合パレットより「カメラ」ウィンドウを表示します。

「セット&連動」の「注視点」で「形状」ボタンを押すと、選択した形状の中心が注視点となります。
また、形状編集モードで線形状のポイントやポリゴンメッシュの頂点/稜線/面を選択している場合は、
選択された要素の中心が注視点となります。
これは一回だけの挙動となり、透視図でカメラ移動や回転を行うと、注視点は移動します。

「注視点」で「連動」ボタンを押すと、常に選択した形状の中心を注視点として使用するようになります。
この場合は、透視図で注視点を中心としたズームイン/ズームアウトや回転操作はできますが、
平行移動はできない状態となります。

「解除」ボタンを押すと、「連動」は解除されます。

Translate »