ボールジョイントとボーンの違いは ?

ボールジョイントとボーンは、構造がほぼ同じジョイントになります。
下画像は左がボーン、右がボールジョイントを使用しています。

ボーンとボールジョイントは、中心を持ち、階層構造を作ることでスキンで使用できます。

ボールジョイント ボーン
ノードサイズ指定 作成時のみ 作成時。
形状情報ウィンドウで変更可能
オブジェクトモードでの回転操作 図形ウィンドウ操作時は回転が変換行列には入らない。
回転操作は、モーションとしての「回転」要素に反映される。
回転は変換行列に格納される
オブジェクトとしての固定要素 「変換行列」「ポジション」 「変換行列」
モーション要素 オフセット、回転 オフセット、回転
回転範囲指定 なし XYZ軸ごとに範囲指定可能
fbxでのジョイント構造とモーションのエクスポート 対応 (他ツールで対応できるようにするため、ボーンに変換されます) 対応
その他 自動で軸合わせ

ボーンとボールジョイントを相互変換する機能はありません。
他の3DCGツールでは、ボールジョイントに対応する形状はないことが多いため、
fbxエクスポートを考慮する場合はボーンを使用するようにします。

Translate »