マッピングレイヤのチェックやスポットのマッピングを調整 (マッピングモード)

表面材質のマッピングレイヤでの「チェック」「スポット」「雲」などソリッドテクスチャの指定や、
「投影マッピング」を行う場合は、
マッピングの際の中心位置や大きさを「マッピングモード」で編集できます。

サイズを変更

サイズは、表面材質のマッピングレイヤの「位置&サイズ」で変更できます。

「サイズ」のスライダを調整することでマッピングの大きさを変更します。
「M」ボタンを押すと、大きさが一時的に記憶されます。
「R」ボタンを押すと、記憶されている大きさを割り当てます。
「-」ボタンを押すと、大きさを1/2倍にします。
「+」ボタンを押すと、大きさを2倍にします。

位置を変更

位置は、表面材質のマッピングレイヤの「位置&サイズ」の「位置」で変更できます。

「数値入力」ボタンを押して、位置を数値指定できます。
「M」ボタンを押すと、位置が一時的に記憶されます。
「R」ボタンを押すと、記憶されている位置を割り当てます。

マッピングモード

表面材質のマッピングレイヤの「位置&サイズ」より、「編集」チェックボックスをオンにした場合、
コントロールバーの「編集モード」より「マッピング」を選択した場合、マッピングモードに移行します。

マッピングモードでは、図形ウィンドウに表示されているマニピュレータを移動させることで中心位置を変更、
回転/スケール調整を行うことができます。
[Enter]キーを押すとマッピングモードから抜けて、オブジェクトモードになります。

Translate »