ラジオシティとは ?

「ラジオシティ」は光源からのエネルギーを、熱力学的に処理していく大域照明のレンダリング手法の1つです。
シーン内を光が乱反射したときに、それぞれの面が受けるエネルギーを計算して、レンダリングに反映します。

間接照明が充満した室内シーンなどで効果を発揮します。

ラジオシティの特徴

形状の面ごとにエネルギーを前処理で計算し、その情報を元にレンダリングに反映します。
シーン内の形状の配置や光源の明るさなどが変化せずに、カメラでの見え方のみ変わる場合、
一度ラジオシティのエネルギー計算を行うと、その後は計算された情報を使いまわすことができます。
レンダリング自身は直接照明のみのレイトレーシングで行われるため、レンダリング計算が速いです。
また、レンダリングサイズを変更した場合も、間接照明の再計算は必要ありません。
「露出」は自動で調整されます。

ラジオシティの制約

Translate »