レンダリングの種類について

Shade3Dでは、本体に標準搭載されているレンダラと、プラグインで拡張されているレンダラが存在します。

shade3d_basic_iconshade3d_standard_iconshade3d_professional_icon

shade3d_standard_iconshade3d_professional_icon

  • トゥーンレンダラ

また、プラグインSDKでレンダラを新規に作成して追加することも可能です。
レンダラの切り替えは、イメージウィンドウのレンダリング設定の「手法」から切り替えることができます。
renderer_01_20160402

レイトレーシング(ドラフト)


反射や屈折がないレンダラです。レンダリング時間は速いです。
shade3d_raytrace_draft_20160402

レイトレーシング


直接照明のみのレンダラです。
shade3d_raytrace_20160402

パストレーシング


直接照明に加えて、間接照明も考慮したレンダラです。フォトリアルなレンダリングを行う場合に使います。
間接照明の計算も行うため、レンダリングは遅いです。
shade3d_pathtrace_20160402
間接照明を表現/最適化する手段として、フォトンマッピングイラディアンスキャッシュラジオシティ、があります。

ワイヤーフレーム


ワイヤーフレームでのレンダリングを行います。
線形状も描画されます。
shade3d_wireframe_20160402

トゥーンレンダラ


輪郭線のラインを描いたり、塗り(シェーディング)の階層をつけたレンダリングを行います。
プラグインレンダラとしてシングルスレッドでの動作となっており、レンダリング速度は遅いです。
線形状も描画されます。
shade3d_toon_20160402

Translate »