画像を外部参照にする

シーンファイル(拡張子shd)には、テクスチャ画像含めすべての情報が1ファイルに入っています。
ただし、動画のテクスチャは含まれません。
画像が頻繁に変わる可能性がある時、できるだけshdファイルサイズを小さくしたい時、など
画像をshdファイルから外に出しておいたほうが便利な場合があります。

画像読み込み時

ツールボックスの「作成」-「その他」-「イメージ」で画像を読み込みます。
この時のファイルダイアログボックスで「シーンに取り込み」ポップアップメニューから
「外部参照」を選択して画像を読み込みます。

こうすると、画像はshdファイルでは絶対パスで保持され、画像自身は外部ファイルとして参照されます。

外部参照時は、オリジナルの画像ファイルが削除されたり、フォルダ位置が変わると
正しく画像を反映できないため注意するようにします。

シーンに読み込まれた画像を外部参照にする

すでにシーンに読み込まれた画像については、ブラウザの「イメージパート」内から画像を選択し、
形状情報ウィンドウの「外部参照ファイル情報」で操作できます。

「外部参照ファイル情報」にフルパスが表示されている場合は、外部参照となっています。
「変更」ボタンを押して画像ファイルを指定しなおすと、外部参照となります。
「独立」ボタンを押すと、外部参照されている画像をシーンに取り込みます。
外部参照としてのリンクは削除されます。
更新」ボタンを押すと、外部参照の画像ファイルが更新された場合に、Shade3D側に更新情報を伝えます。

Translate »