選択面の輪郭を保った状態でLSCM展開したい


キャラクタの顔など、できるだけ顔の輪郭や目や口の輪郭を保ったままLSCMでのUV展開をしてほしい場合があります。
展開する面を選択し、LSCMの「選択面を展開」するとUV図面での輪郭は崩れてしまいます。

この場合は、一度投影UVを行ってから輪郭の頂点をピン留め、その後LSCM展開すると輪郭の形は保持できます。
以下の手順で操作します。

UV図面のUVメニューから「UV作成」を選択し、「UV作成」ツールパラメータを表示します。
UVのツールパラメータで「投影UV」を選択します。
投影面を「正面」とし、展開したい面を選択した状態で「選択面を展開」ボタンを押します。
これで、正面から見たUVが展開されました。

UV図面上で展開されたUVのリサイズを行い、形状編集モード + 頂点選択モードで輪郭となる頂点を選択します。

ツールパラメータで「LSCM」を選択し、「ピン」-「記憶」ボタンを押します。

ピン留めした頂点がピンク色になりました。

形状編集モード + 面選択モードで、LSCMでのUV展開対象となる面を選択します。
ツールパラメータの「選択面を展開」ボタンを押すと、ピン留めした頂点は移動しない状態でLSCM展開が行われます。

この後、形状編集モード + 頂点選択モードに切り替え、
頂点をUV図面で移動、「ライブ」チェックボタンをオンにして変形、などを行ってUVを整えていきます。

一度ピン留めを行った後、もしくはピンを追加/削除した後は、
面を選択して「選択面を展開」でLSCM展開を繰り返すことで、UV図面上の配置を微調整することができます。

Translate »