fbxやobjエクスポート時に自由曲面やサブディビジョンサーフェスの面数が増えるため、調整したい

fbxやobjエクスポート時に自由曲面やサブディビジョンサーフェスの分割で面数が増えるため、最適化して出力します。
以下の機能を使用している場合に有効です。

  • 閉じた線形状
  • 自由曲面
  • 回転体
  • 掃引体
  • ポリゴンメッシュのサブディビジョンサーフェス

これらは内部で分割レベルを持っており、それを変更することで面数を抑えることができます。
ただし、面数を削減するとそれだけ形状は粗くなることになります。

分割レベルを調整する手段

形状ごとの指定

ブラウザの形状名の前に「<」を付けると分割レベルは上がり、「>」を付けると分割レベルが下がります。
複数を指定できます。
下画像は、サブディビジョンサーフェス(OpenSubdiv)を使用したポリゴンメッシュでの比較です。

自由曲面を滑らかにする (形状での面の分割を調整)」もご参照くださいませ。

エクスポート時の指定

fbxやobjファイルをエクスポートするときに表示されるダイアログボックスで、「曲面の分割」を指定できます。

初期状態では「普通」になっており、これはシーン上の表現と同じ分割レベルになります。
「粗い」で分割レベルを1つ下げます。「細かい」で分割レベルを1つ上げます。

fbxエクスポート時の比較

例として、以下の自由曲面と回転体を多用した形状をfbxエクスポートしたときの総面数を比較します。

この形状は、自由曲面の名前の前に「<」を指定して1段階分割レベルを上げています。

fbxエクスポート後、新規シーンでfbxインポートして比較しました。

曲面の分割 : 普通


ファイルサイズ : 768688 バイト
総頂点数 : 10492
総面数 : 10516

曲面の分割 : 粗い


ファイルサイズ : 228352 バイト
総頂点数 : 2780
総面数 : 2788

曲面の分割 : 分割しない


ファイルサイズ : 67664 バイト
総頂点数 : 392
総面数 : 388

Translate »