LSCMでのUV展開時に、一部の頂点を移動しないようにして変形 (ピン)


LSCMでのUV展開時には、稜線を記憶した展開時の切れ目を入れる処理と、
頂点を記憶した「ピン」での固定/ライブ変形処理を行うことができます。
「ピン」でUV図面での頂点を固定し、「ライブ」でピン止めされた頂点を移動することで変形させます。

UV図面のビューコントロールバーのUVメニューより「UV作成」を選択し、
ツールパラメータより「LSCM」を選択します。

形状編集モード + 頂点選択モードで、UV図面上で変形の影響を受けさせない頂点を選択します。

主に、輪郭に相当する部分の頂点を選択します。

ツールパラメータの「ピン」-「記憶」ボタンを押します。
すると、選択頂点がピンク色になりました。

この状態で面を選択し、「選択面を展開」ボタンを押してLSCM展開すると、ピン留めされた頂点は移動することなく、
LSCM展開することができます。

ツールパラメータで「ライブ」チェックボックスをオンにし、UV図面でピン留めした頂点を移動させます。

すると、ピンの周りのピン留めされていない頂点が補間され変形することができるようになります。

この「ライブ」がオンの場合は、ピン留めされていない頂点を選択して移動することはできません

Translate »