UVの再配置で面が重なったままの場合の対処方法


UVの再配置
時に、
特にLSCM展開後などの複数の面が頂点含めて完全に重なっている場合は、面の重なりが残ったり、
意図した再配置が行われない場合があります。

この場合は、UVの再配置前にいくつかの面が完全に重なった状態になっています。

この対処は以下のようにします。
形状編集モード + 面選択モードにして
UV図面で重なっていない面を選択し、ツールボックスの「編集」-「メッシュ」-「選択」-「連続面選択」を選択します。
これで、UV図面上でつながっている面が選択されます。
UV図面で選択された面をドラッグして、重ならない位置に移動します。

ツールパラメータのUVの再配置を「全ての面」ボタンを押して実行します。

Translate »